Yumi Kurosawa 黒澤有美

Koto, Composer

黒澤有美

Photo by @gail_hadani
Designed by mamicosha inc.

Live Info

Nov 10th, 2021 Live streaming

Woman In Music Japan Live Streaming

Yumi will be interviewed on Woman In Music Japan live streaming on Nov 10th at 9PM Japan time,

at 8AM Eastern time zone. It will be in Japanese. Details will be announced shortly.

11月10日、日本時間21時、NY時間午前8時にWoman In Music Japanのライブストリーミングに黒澤有美がライブ出演します。日本語でのストリーミングです。詳細は後程掲載します。

See more

Videos/Projects

Yumi Kurosawa Trio
(Koto, Violin and Percussion)

Kurosawa teamed up with Violin and Percussion on her original music.

黒澤有美トリオは、ヴァイオリンとパーカッション(タブラ含む)を迎え、黒澤有美のオリジナル曲で編成されるコンサート。

Oneday Monday composed by Yumi Kurosawa

Koto & Tabla Duo

Kurosawa’s first projects combined Japan and India’s musical traditions through her original music. The Koto and the Tabla work seamlessly to create a new sound.

箏、タブラデュオ。10年以上継続されているプロジェクトで、日本とインドの二つの異なる伝統楽器をブレンドさせ、黒澤有美のオリジナル曲を通して新しいサウンドを集めたプロジェクト。

Enchantmentica composed by Yumi Kurosawa

Solo concerts

Kurosawa plays traditional Japanese music, contemporary music and her original music. She is often asked to conduct workshops prior to concerts.

古典曲、アレンジ曲からオリジナル曲まで、箏の可能性を超えた多種多様な音を奏でる。ワークショップもコンサート訪問先で開催多数。

Rapture composed by Yumi Kurosawa

Yumi Kurosawa at Freer Gallery of Art at Smithsonian Museum

Koto Concertos

Kurosawa has performed and premiered as a soloist in several concertos written for the Koto with Full Orchestra, Chamber Orchestra and String Quartets.

これまでに幾つかの箏コンチェルトを弦楽四重奏、チェンバーオーケストラ、フルオーケストラの異なるバージョンでも演奏、初演して来ている。このビデオは、箏コンチェルト「源氏」ダーロン・ハーゲン作曲で、2011年にイギリスのスワンオーケストラと世界初演した作品。

In 2011, Kurosawa premiered the Genji Koto Concerto composed by Daron Hagen with the Orchestra of the Swan UK.

Special Projects

Kurosawa has collaborated with various artists and worked collaboratively on several projects. She has composed music for Ballet (Houston Ballet) and Theater.

これまでに多数の異なるジャンルのアーティストとのコラボレーションに加え、ヒューストンバレエや演劇作品の作曲も担当してきている。このビデオは、ヒップホップダンサーのツインズと清水寺でコラボレーションした作品。

Yumi Kurosawa x Les Twins
Koto x Hip Hop Dance combined the music of Kurosawa and the Hip-Hop artistry of Les Twins.

Biography

Yumi Kurosawa

Photo by @gail_hadani

Yumi Kurosawa

<span style="font-size: 20px;">13 &amp; 20 strings Koto, Composer</span>

An award-winning Koto star from a young age, Yumi Kurosawa is one of today’s most exciting soloists on Japan’s national instrument. Born and raised in Japan, she started studying the Koto when she was three under her parents Kazuo &amp; Chikako Kurosawa. She started studying 20 strings Koto under Nanae Yoshimura when she was 15 years old. Ms. Kurosawa received first prize at the National Japanese Koto Competition in 1989 and 1992, and a scholarship from The Agency for Cultural Affairs of Japan in 1998. She toured U.S., Canada, Malaysia and Russia. Her extensive performances in Japan in her teenage years have included appearances at Suntory Hall in Tokyo, and on NHK Broadcast TV programs.

Ms. Kurosawa has been based in New York since 2002. She made her Carnegie Hall debut in 2006. In 2011 she was principal soloist in the premiere of Daron Hagen’s Koto concerto Genji with Orchestra of the Swan in Stratford-upon-Avon, UK. The concerto went on to be performed with conductor Naoto Otomo and the Hawaii Symphony Orchestra among others. In 2013 Ms. Kurosawa was principal soloist for the premier of The Memory Stone at the Houston Grand Opera. In 2015 she premiered the Ballet Tsuru for which she was commissioned by Houston Ballet and Asia Society Texas both as a soloist and composer. That same year she collaborated with Beyonce dancers Les Twins for a performance at the world heritage site Kiyomizu-dera, Kyoto. She performed at the World Economic Forum in Dalian, China, and was a soloist for the Koto &amp; Shakuhachi concerto FUGAKU by Takashi Yoshimatsu with conductor Sachio Fujioka and the Tokyo Symphony Orchestra at Suntory Hall’s opening gala. Ms. Kurosawa was guest artist for Japanese Connection at Kennedy Center. She continues to perform in New York City at such venues as Joe’s Pub, the Highline Ballroom, the Blue Note, Apollo Theater, Symphony Space, Japan Society, Asia Society, Carnegie Hall and other concert halls. She was awarded a music residency at Pioneer Works. Ms. Kurosawa also performed at National Gallery of Art, Freer Sackler Gallery at Smithsonian Museum and Metropolitan Museum. In 2019, she was invited for the celebration of the 120 years anniversary for Japanese immigrants in Peru “Yumi Kurosawa Concert” was presented by Japan Embassy and Japan Foundation. In 2020, she was invited to the 30th anniversary of Australian Chamber Music Festival as the first Japanese traditional instrument player. She continues creating music for her original projects with Tabla, Violin, dance and so on. Ms. Kurosawa has released three records: Four Seasons (Vivaldi/Kurosawa, 2017), Looking Up At The Sky (2015), and Beginning of a Journey (2009).
Ms. Kurosawa holds a Bachelor Degree in International Relations from Keio University Tokyo, Japan. Certified master from the SEIHA school. Currently Ms. Kurosawa is teaching at Music Performing Program at Columbia University.

Ms. Kurosawa has been lauded by the NY Times for her graceful musicianship,“drawing on a timbral palette that ranges from warm and rounded to bright and metallic.” She also has received praise in the Washington Post and other prestigious publications.

⿊澤有美

<p><span style="font-size: 20px;">13 &amp; 20 絃箏、 作曲</span></p>
<p> 3歳より13絃箏を黒澤和雄・千賀子のもとで、15歳から20絃箏を吉村七重師のもと始める。ʻ89、ʼ92年、共に全国学生箏曲コンクールにて優勝。高校時代、プラハチェロ合奏団とサントリーホールにて共演、ʼ98文化庁芸術インターンシップ研修員修了。NHK番組「源氏物語若菜(語り、平野啓子)出演など、東京を拠点に演奏活動、アメリカ、カナダ、マレーシア、ドイツ、ロシアコンサートツアー参加。2002年、伝統芸能であるからこそ他文化と混ざること、独自の音楽模索のため、NYに拠点を移す。様々なジャンルの音楽やアーティストと垣根のないコラボレーションを展開。これまでにサントリーホール、カーネギーホール、アポロシアター、ブルーノート、ケネディセンター、アメリカ国立美術館、スミソニアン美術館などの世界著名コンサートホールでコンサート多数。NYタイムズ、ワシントンポストなどにも取り上げられ、魅惑的な演奏とテクニック、伝統文化を超越した国際的な感覚を持つ作曲家、と好評を得る。</p>
<p><主要公演></p>
<p>2006年: <br />カーネギーホール、ワイルリサイタルホールで黒澤有美リサイタルを開催、以降幾度となくカーネギーホール出演。</p>
<p>2010年:<br />*ヨーヨー・マ設立シルクロードアンサンブル主催コンサートにNY自然史博物館にて出演<br />*国際交流基金、日本国大使館主催、中南米3カ国(コスタリカ、パナマ、トリニダード・トバゴ、ホンジュラス)コンサートツアー</p>
<p>2011年:<br />*ソリストとして箏コンチェルト「源氏」(ダーロン・ハーゲン作曲)をスワンオーケストラとイギリスで世界初演。<br />*スミソニアン美術館フリア・サックラーギャラリーにてコンサート出演</p>
<p>2013年:<br />*ヒューストングランドオペラ、アジアソサエティテキサス共催の新作「The Memory Stone」にソリストとして初演。<br />*平安神宮にて奉納演奏<br />*国際交流基金、日本国大使館主催、黒澤有美コンサートブラジルツアー</p>
<p>2014年:<br />*箏コンチェルト「源氏」でハワイ交響楽団(指揮、大友直人)と共演。<br />*舞台演劇「FALLEN」(マシュー・オザワ演出)に、作曲家とライブ演奏兼任で参加<br />*伊勢神宮、式年遷宮記念奉納コンサートを開催</p>
<p>2015年:<br />*ヒューストンバレエの新作「Tsuru」で作曲、ライブ演奏を兼任。<br />*世界遺産清水寺にて、ビヨンセのメインヒップホップダンサーLes Twinsと奉納コンサートで共演。めざましテレビにも取り上げられる。<br />*中国大連で開催された世界経済会議閉会式で演奏。<br />*サウジアラビアコンサートツアー<br />*国際交流基金、日本大使館主催の中南米4カ国(コスタリカ、パナマ、ドミニカ共和国、エルサルバドル)にて黒澤有美コンサート<br />*サントリーホール秋のオープニングガラコンサートで、吉松隆作曲「FUGAKU」を東京交響楽団(指揮、藤岡幸夫)と共演、ソリストを務める。</p>
<p>2016年:<br />*オリジナル曲「晴」(はる)が毎日放送共催の「伊藤若冲展」、「仰ぐ」が「マグリット展」のテーマソングとして使用される。<br />*伝統芸能の祭典、新潟アートミックスジャパン(総合司会:セイン・カミュ)にて黒澤有美コンサート</p>
<p>2017年:<br />ケネディセンター主催コンサート「Japanese Connection」にゲスト出演。</p>
<p>2018年:<br />*日本郵船世界一周クルーズ「飛鳥Ⅱ」にて黒澤有美コンサート<br />*伝統芸能の祭典、新潟アートミックスジャパン(総合司会:セイン・カミュ)にて黒澤有美コンサート<br />*ツイン・グローバルAI、テクノロジー世界会議(シカゴ)閉会式にゲストパフォーマーとして出演<br />*サウジアラビアコンサートツアー</p>
<p>2019年:<br />*アメリカ国立美術館主催コンサートシリーズで、黒澤有美コンサート<br />*NYパイオニアワークス財団の1ヶ月間作曲創作活動フェローシップを授与される<br />*国際交流基金、日本大使館主催、ペルー日系移民120周年記念黒澤有美コンサート(リマ)、パラグアイ国交樹立100周年記念黒澤有美コンサート(アスンシオン)</p>
<p>2020年:<br />*スミソニアン美術館フリア・サックラーギャラリーにて開催の富岡鉄斎展記念、黒澤有美コンサート(2022年に延期)<br />*日本郵船世界一周クルーズ「飛鳥Ⅱ」にて黒澤有美コンサート(2022年に延期)<br />*オーストラリア室内管弦楽フェスティバル30周年記念に和楽器として初めて招待される。(箏コンチェルト「源氏」と自作品)</p>
<p>他コンサート多数</p>
<p>生田流正派邦楽会師範、コロンビア大学音楽学部講師。<br />慶応義塾大学総合政策学部国際関係論専攻卒。<br />在学中、コンピュータミュージック研究室所属。<br />学内雑誌、Keio Cardマガジンに“くろさわのNY便り”エッセイを連載中。</p>

Discography

Contact

Booking/Inquiries (English)

+1(718) 623-1214

Other