BLOG

Bella Gaia in Phoenix, AZ

We Bella Gaia Ensemble just had a great show at Chandler Center for the Arts in Phoenix, AZ. And it was so nice weather! It’s nice to get out of NYC long winter.

Day to day

Everyday day to day, experiencing, face with things happening, happy sad surprise. Sometimes stop for second and look back learn from past. Then start moving again and again.. Miracle happens.

日々一日、経験とか、いろいろなことに向き合い、ハッピーだったり悲しかったり、驚いたり。時々、ちょっと立ち止まって、振り返り過去から学ぶことも。そしてまた動き出す、動き出す。奇跡は起こる。

2 days recording session

I’m very happy to finished 2 days recording session for my new CD at Avatar studios, NYC. I love this studio, beautiful sound resonates. And thank you for people who involved this recording.

新しいCDのためのレコーディングが、NYのアバタースタジオで行われました。素晴らしいスタジオでした。音の響きも美しい。そして、このレコーディングにかかわってくださった人々に心から感謝です。

Hammock after rehearsal

I’ve been preparing for recording session next week. I had a rehearsal with one of the guest musician today. Experiencing hammock afterwards. Feeling great.

最近、来週のレコーディングの準備に追われています。今日はゲストミュージシャンとのリハーサルをしました。その後、ハンモックを試してみました。いい感じです。

Theater FALLEN workshop in Chicago

Theater FALLEN workshop in Chicago has finished. It was intense and interesting. Also it is first time to join a theater both as a composer and a live performer. Many thoughts were popped up while I was in Chicago.

シカゴでの、舞台FALLENの詰めの作業とリハーサルが終了しました。この10日間、なかなか張りつめた雰囲気ではありましたが、おもしろいものでした。そして今回は、作曲とライブパフォーマーと兼任というのも初めてのことです。この期間中、いろんな思いや考えがぽんぽんと出てきました。

Brazil Tour

Just came back from Brazil Tour. I had 2 concerts at Caixa Cultural Recife in Recife and at Centro Cultural Banco de Brasil in Brasilia, and 2 workshops. It was an amazing time, all full house, successful tour!

ブラジルツアーから戻りました。真逆の気候に若干尻込みしています。今回は、レシフェのカイーシャ文化センター、ブラジリアのブラジル銀行文化センターにてコンサート、それからそれぞれワークショップも行いました。どちらも満員御礼、とても良い時間でした。

Finally NYC

Finally had my concert in NYC at Rubin Museum. All great! Just thank you to all people around me for their support, and also thank you for Rubin Museum.

やっと、NYCでのコンサートができました。(今年は特にツアー続きもあり、そしてここ数年、なかなかNYで自分のコンサートができずにおりました。)無事成功に終わり、これも周りの皆様の温かいサポートあってのこと、心から感謝。そしてこの度のヴェニュー、ルービンミュージアムにもありがとうございました。

Tomato Sauce Spaghetti

I think I figured out one more spice(how to put it into is the topic) for Tomato Sauce Spaghetti. It took me time to realize!

おそらく、トマトソーススパゲッティに入れるもう一つ(どのように加えるかがトピック)を見つけた気がします。気がつくのに、結構年数かかったような。

Concert Concept

This history of mine made me to create this concert.
People often ask me why I moved to NYC. I grew up in Japanese tradition since my parents are also Koto players and family business from generation to generation (Japanese traditional musical instrument shop). I was struggling what type of musician I want to be as a Koto player especially when I was in Japan, also thinking how can I discover one more element “in between tradition and contemporary music”, because I’d been playing both of them in Japan. (Just in case I respect both of them and continue to play) When I was little, I still remember that Minoru Miki who is a music composer and invented 20-string-Koto said that tradition should be mixed with others. We have to protect tradition and I believe that we shouldn’t stop discover things. Although took/taking?me time to open up myself, it seems music composition is becoming one of my element. Tradition used to be contemporary, I want to pray/respect ancestors and continue to moving forward. And NYC taught me how “being myself”.

人からよく、どうしてNYに移り住んだのか、と聞かれる。私は伝統芸能に携わる家系に生まれ育ち、自分はどんな箏演奏家になろうか長いこと悩みつつ、伝統と現代の間にある音を創るとしたら?と考えてきた。きっとその両方(古典と現代音楽)を演奏してきたからだと思う。(私の基盤だから、これからも古典も現代も演奏し続けたい)小さい頃、作曲家で20絃箏を開発された三木稔先生がおっしゃっていた一言、今でもはっきり覚えている、日本音楽も混血が必要だ、と。伝統を守り重んじなければいけないけれど、同時に私たちも何かを見出さなければいけない、じゃあどうする。作曲は私のもう一つの要素なのだと思う。伝統とはかつて現代であった、先人を祈り尊び前進していきたい。それから、最終的に“自分であること”、はNYCが教えてくれたこと。
と、これらの経過と共に創ってきたコンサートの一つになります。

Photo shooting

Finally I did photo shooting that I needed so long since I changed hairstyle totally. Hopefully I can get good ones. Thanks for the photographer Claudia Christen. It was fun too! This photo was while we were taking a little break.

やっと、写真撮影をしました!半年前にがらっとヘアスタイルを変えてから、撮らなくてはと思いつつ、なかなかチャンスがなかったのですが。良い写真が撮れていればいいのですが。フォトグラファーのClaudia Christenに感謝です。この写真は、ちょっと休憩中の模様。