BIOGRAPHY

黒澤有美

13, 20絃箏、作曲、即興、エレクトロニック

3歳より両親である黒澤和雄、千賀子のもと13絃箏を、15歳で吉村七重師のもと20絃箏を始める。全国小中学生箏曲コンクール、全国高校生邦楽コンクールにて優勝、’98年には文化庁芸術インターンシップ研修員を修了。’93年プラハチェロ合奏団日本公演(サントリーホール、小ホール)にて共演、NHKテレビ「源氏物語—若菜」に出演。東京を中心に演奏活動をし、アメリカ、カナダ、マレーシア、ロシア、ドイツコンサートツアーに参加。

 ’02年、拠点をニューヨークに移し、これまで主に、カーネギー、ワイルリサイタルホールにてリサイタル、アポロサウンドステージ、WNYCラジオ、Blue Note、Joe’s Pub、Silk Road Project Workshop等、コンサート、イベントに出演。’09年、全曲オリジナルCD「Beginning of a Journey」をリリース。国際交流基金の派遣により、中南米4カ国ツアー、またブラジルツアーを開催。。チェルシーミュージックフェスティバル、ヒューストングランドオペラ「The Memory Stone」に出演。「箏コンチェルト源氏」のソリストとして、イギリスのOrchestra of the Swanと世界初演、その後もNYワールドファイナンシャルセンター、ワシントンDC等でVoxare String Quartet、The Lark Quartet, Arianna String Quartetと度々再演している 。’14年5月には、ハワイシンフォニーオーケストラ(指揮大友直人)とこのコンチェルトで共演。秋には、舞台『FALLEN」(Mozawaプロダクション)の作曲家、演奏家の両方を兼任、初演。’15年、ヒューストンバレエ、アジアソサエティ共催のバレエ「Tsuru」のソリスト、作曲を手がける。世界トップのヒップホップダンサー、ツインズと清水寺においてコラボレーション。サントリーホールオープニングガラでは、吉松隆作曲、箏、尺八コンチェルト「FUGAKU」でソリストを務める。

慶應大学在学中に国際関係論を専攻し、Computer Music研究室に所属。20絃の音楽、テクニックを模索し続け、垣根のない音楽で、その活動範囲は多岐に渡る。これまでに、ニューヨークタイムズ、ワシントンポスト紙等にコンサートの模様が度々取り上げられ、好評を得ている。邦楽展メンバー、正派邦楽会師範。


ウェブサイト : www.yumikuro.com
FACEBOOKアーティストページ : www.facebook.com/yumikurok

ENGLISH